easyMarketsの評判はやばい?口コミから安全性やメリット・デメリットを独自評価

easyMarketsの評判はやばい?口コミから安全性やメリット・デメリットを独自評価

easyMarketsは2001年に設立された海外FX業者で、20年以上の運営実績があります。最大2,000倍のレバレッジや豪華なボーナスキャンペーンが用意されており、初心者でも始めやすくなっています。

easyMarketsは海外のFX業者ですが、easyMarketsを使ってトレードすることに違法性はありません。グループ全体で4つの金融ライセンスを所持しており、これまで悪質な出金拒否や利益没収などの事例がないことからも、安全性の高さが伺えます。

しかし、easyMarketsは日本の金融庁に未登録で警告を受けていたり、一部悪い評判が見られたりで、業者としての安全性・信頼性に不安を持つ方もいるでしょう。

本記事では、easyMarketsのリアルな評判や、口コミから分かるメリット・デメリットを網羅的に解説します。本記事を読めば、easyMarketsが安全性の高い業者だと理解でき、安心して口座開設できるでしょう。

easyMarketsの評判一覧

項目悪い評判良い評判
信頼性・安全性DD方式採用で透明性が低い安心のゼロカットシステム
質の高い日本語サポート
サービス内容取引ツールによってレバレッジ制限がある
VIP口座の初回入金額が高い
スキャルピングやEAに縛りなし
同一口座内の両建てのみOK
独自のユニーク機能が搭載
高額なアフィリエイト報酬
口座複数口座の開設ができない3種類の口座タイプがある
デモ口座がある
法人口座がある
ボーナス口座開設ボーナスがない4種類のボーナスがある
取引条件・環境スタンダード口座のスプレッドが広い
スワップポイントはほとんどがマイナス
最大レバレッジが2,000倍
取引手数料無料の固定スプレッド
取扱銘柄が豊富
約定力が高い
ストップレベルがゼロ
easyMarketsの良い評判・悪い評判のまとめ
目次

easyMarketsの悪い評判・口コミ・デメリット

easyMarketsの悪い評判・口コミ・デメリット

まずは、easyMarketsの悪い評判・口コミ・デメリットを6つ紹介していきます。

スタンダード口座のスプレッドが広い

海外FX業者
(口座タイプ)
USDJPY
(米ドル円)
EURUSD
(ユーロドル)
GOLD
(ゴールド)
easyMarkets
(スタンダード口座)
1.7pips1.4pips3.5pips
Exness
(スタンダード口座)
1.1pips1.0pips2.0pips
FXGT
(スタンダード+口座)
1.3pips1.1pps2.3pips
TitanFX
(Zeroスタンダード口座)
1.33pips1.2pips2.33pips
AXIORY
(スタンダード口座)
1.3pips1.3pips3.6pips
ThreeTrader
(Pureスプレッド口座)
0.6pips0.6pips1.63pips

easyMarketsのデメリット1つ目は、「スタンダード口座のスプレッドが広い」ことです。

標準的なスペックであるスタンダード口座のスプレッドは、米ドル円で1.7pips・ユーロドルで1.4pipsと、他社のスタンダード口座と比べて広めに設定されています。スプレッドは取引時に必ずかかるコストなので、スプレッドが広いと利益を出しづらいです。

特に取引回数が多い方や大口取引をする際は、スプレッドの影響を受けやすいので注意が必要です。

しかし、easyMarketsではスプレッドの広さが大きなデメリットにならないほど、豪華なボーナスが提供されています。実際、スプレッドの狭さに定評があるExnessやThreeTraderはほとんどボーナスを提供していないことを考えると、スプレッドが広いというデメリットは仕方ないでしょう。

口座開設ボーナスがない

easyMarketsのデメリット2つ目は、「口座開設ボーナスがない」ことです。

口座開設ボーナスとは、新規で口座を開設することで取引に利用できる証拠金が受け取れるボーナスのことです。未入金ボーナス・ウェルカムボーナスとも呼ばれており、5,000円〜15,000円程度のボーナスが相場になっています。

口座開設ボーナスを提供する海外FX業者なら、自己資金を入金することなくノーリスクで取引できるため、FX初心者でも比較的始めやすいです。

しかし、easyMarketsには口座開設ボーナスがないため、取引を始めるには自己資金の入金が必要です。なお、入金ボーナスは開催しているので、自己資金以上の金額から取引を始められます。

取引ツールによって最大レバレッジが制限される

取引ツール最大レバレッジ
MT52,000倍
MT4400倍
Web/App200倍

easyMarketsのデメリット3つ目は、「取引ツールによって最大レバレッジが制限される」ことです。

easyMarketsの2,000倍のレバレッジが適用されるのはMT5のみで、それ以外の取引ツールを選ぶと400倍以下に制限されてしまいます。最大2,000倍のレバレッジは業界トップクラスの水準ですが、400倍になると他の海外FX業者と比べても低い水準です。

ハイレバレッジで取引したい人にとって、選択肢が実質MT5しかないのはデメリットでしょう。

MT5以外の取引ツールを使いたいと考えている方は、他の海外FX業者の利用がおすすめです。

スワップポイントはほとんどの通貨ペアでマイナス

通貨ペア買いスワップ売りスワップ
USDJPY771円-1,772円
EUEUSD-985円-95円
EURJPY393円-1,473円
GBPJPY-534円-706円
AUDJPY322円-960円
XAUUSD-4,116円-817円

easyMarketsのデメリット4つ目は、「スワップポイントはほとんどの通貨ペアでマイナス」なことです。

スワップポイントはポジションを保有しているだけで毎日利益を出せるのが特徴ですが、easyMarketsではほとんどの通貨ペアでマイナスに設定されています。

特にメジャー通貨ペアでは、マイナススワップの数値が大きくなっています。EURUSD(ユーロドル)に関しては買いスワップと売りスワップどちらもマイナスです。

また、スワップポイントは基本的に毎日発生しますが、週末分のスワップポイントは水曜日にまとめて付与されます。スワップ3倍デーとも呼ばれており、マイナススワップの銘柄を持ち越す際は3倍のコストがかかるので注意が必要です。

なお、スキャルピングやデイトレードのように当日中にポジションを決済する手法であれば、マイナススワップを気にする必要がありません。

複数口座の開設ができない

easyMarketsのデメリット5つ目は、「複数口座の開設ができない」ことです。

多くの海外FX業者では、1アカウントにつきいくつか追加口座を開設できます。口座タイプによって使い分けたり、トレード資金を分散させたり、様々な使い方があります。

しかし、easyMarketsでは1アカウントにつき1口座しか開設できません。そのため、トレード手法やリスクヘッジのために口座を分けたい場合は、他の業者を利用するのがおすすめです。

プレミアム口座やVIP口座を利用する場合は、各口座タイプに設定された最低入金額を1度入金し、サポートセンターへ連絡して口座タイプをアップグレードする必要があります。

VIP口座の初回入金額が高い

口座タイプ最低入金額
スタンダード口座25ドル(約3,750円)
プレミアム口座2,000ドル(約30万円)
VIP口座10,000ドル(約150万円)

easyMarketsのデメリット6つ目は、「VIP口座の初回入金額が高い」ことです。

easyMarketsには3種類の口座タイプがあり、中でもVIP口座は低スプレッドに加えてパーソナルアナリストが付くなど、VIP待遇での取引ができる口座タイプです。しかし、easyMarketsのVIP口座を開設するには、初回に1万ドル(約150万円)を入金する必要があります。

特に海外FX初心者の方にとっては、この入金額のハードルが高すぎるでしょう。

資金面のデメリットさえクリアできれば、VIP口座はトレーダーにとって魅力的な口座タイプです。資金に余裕がある方はVIP口座の利用を検討してみましょう。

easyMarketsの良い評判・口コミ・メリット

easyMarketsの良い評判・口コミ・メリット

続いて、easyMarketsの良い評判・口コミ・メリットを15つ紹介していきます。

最大レバレッジが2,000倍(MT5口座のみ)

海外FX業者最大レバレッジ
Exness無制限
easyMarkets2,000倍
BigBoss1,111倍
XMTrading1,000倍
ThreeTrader500倍
AXIORY400倍

easyMarketsのメリット1つ目は、「最大2,000倍のレバレッジで取引できる」ことです。

海外FX業者の中でも最大2,000倍のレバレッジを使って取引できる業者は多くありません。上記の表のとおり、無制限レバレッジを使えるExnessを除けば、業界トップクラスの高いレバレッジで取引できます。

最大レバレッジが高いことで、少ない資金でも高い資金効率で取引できるため、大きなリターンを狙えます。国内のFX業者は金融庁の規制により、最大レバレッジが25倍に制限されますが、easyMarketsをはじめとする海外FX業者には最大レバレッジの制限がありません。

そのため、少ない資金から大きく稼ぎたいという方には圧倒的に海外FX業者がおすすめです。中でもeasyMarketsは2,000倍という高いレバレッジを使えて、安全性が高いので初めての方はeasyMarketsの利用を検討しましょう。

なお、デメリットでも紹介した通り、2,000倍のレバレッジを使うにはMT5の利用が必須です。MT4や独自ツールを利用する場合は400倍以下に制限されるのでご注意ください。

4種類の豪華なボーナスキャンペーンがある

ボーナスキャンペーン名内容・詳細
初回入金ボーナス初回入金に対して10万円までは50%・10万円以上70万円までは40%が付与され、最大28万円のボーナスがもらえる。
ビットコイン建て口座対象入金ボーナスビットコイン建て口座へ初めて入金すると、30%〜50%のボーナスが付与される。
再入金ボーナス2回目以降の入金に対して20%の入金ボーナスが再度付与される。
キャッシュバック累計$5,000以上入金すると、キャッシュバック制度の対象となる。1ロットの取引につき$1.25がキャッシュバックされる。

easyMarketsのメリット2つ目は、「4種類の豪華なボーナスキャンペーンがある」ことです。

イージーマーケットのキャッシュバックは初めてだと思う。 VIP使える人は有り

引用元:https://twitter.com/coro_coronm/status/1624597483669315584

easyMarketsに口座開設ボーナスはありませんが、3種類の入金ボーナスと取引に応じて現金がもらえるキャッシュバック制度があります。

入金ボーナスを使えば、自己資金よりも多くの資金から取引を始められるためかなりお得です。初回入金だけでなく2回目以降の入金に対してもボーナスが付与されるので、こまめに入金したい方も入金ボーナスの恩恵を最大限受けられます。

入金ボーナスの他にも、累計$5,000以上を入金した方限定で参加できるキャッシュバック制度があり、1ロットの取引につき$1.25が受けとれます。できるだけ自己資金の負担を減らし、低リスクで稼ぎたい方は豪華なボーナスが魅力のeasyMarketsをご利用ください。

3種類の口座タイプから選べる

口座タイプスタンダード口座プレミアム口座VIP口座
通貨単位100,000通貨100,000通貨100,000通貨
最大レバレッジ2,000倍(MT5のみ)2,000倍(MT5のみ)2,000倍(MT5のみ)
スプレッドMT4:固定スプレッド
MT5:変動スプレッド
MT4:固定スプレッド
MT5:変動スプレッド
MT4:固定スプレッド
MT5:変動スプレッド
取引手数料無料無料無料
最小取引単位0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大取引単位MT4/MT5:50ロット
TradingView:10ロット
MT4/MT5:50ロット
TradingView:10ロット
MT4/MT5:50ロット
TradingView:10ロット
ゼロカットシステムありありあり
ロスカット水準30%30%30%
ボーナスキャンペーンありありあり
最低入金額25ドル2,000ドル10,000ドル
取引ツールMT4・MT5・独自ツールMT4・MT5・独自ツールMT4・MT5・独自ツール

easyMarketsのメリット3つ目は、「3種類の口座タイプから選べる」ことです。3つの口座タイプの主な違いは最低入金額とスプレッドです。

スタンダード口座の最低入金額は25ドルで誰でも始めやすい金額となっています。その分、他の2つの口座と比べるとスプレッドが広めに設定されているので、スキャルピングや短期トレードにはあまり向いていません。

プレミアム口座は、スタンダード口座よりも狭いスプレッドで取引できます。最低入金額は2,000ドル(約30万円)以上なので、中〜上級者向きの口座タイプです。

VIP口座は1万ドル(約150万円)以上の入金が必要な上級者向きの口座ですが、取引手数料無料・業界トップクラスの低スプレッドで取引できます。さらに、専用の豪華なサービスがついたり、キャッシュバック制度の対象となったりお得な特典が揃っています。

取引手数料無料の固定スプレッド

easyMarketsのメリット4つ目は、「取引手数料無料でスプレッドも固定されている」ことです。

指標時、閉場時にどうしてもエントリーしたい時に固定スプレッドのeasymarketsも選択肢の一つとしてオススメです

引用元:https://twitter.com/EnjoySekaiFX/status/1645218342502821889

指標時でものスプレッドがピクリとも開かない完全固定スプのeasymarketsは安定感抜群です♪

引用元:https://twitter.com/EnjoySekaiFX/status/1627808942997864450

海外FX業者では基本的に変動性のスプレッドを採用していますが、easyMarketsでは固定性のスプレッドを採用しています。

早朝や経済指標発表時など一般的にスプレッドが広がりやすい時間帯でもスプレッドが変動しないので、時間帯や取引コストを気にせず取引できます。また、取引手数料も無料なので、取引コストの計算も簡単です。

取引コストの計算ミスによって思わぬ損失を出したくない方にとって、取引手数料無料・固定スプレッドを採用するeasyMarketsは利用しやすいブローカーと言えるでしょう。

取扱銘柄が豊富

商品種類
為替FX通貨ペア63種類
貴金属5種類
仮想通貨20種類
商品先物・エネルギー12種類
株式64種類
株価指数27種類

easyMarketsのメリット5つ目は、「取扱銘柄が多い」ことです。

easyMarketsでは、為替FX通貨ペアだけでなく、貴金属や仮想通貨、株価指数など幅広い銘柄を取り扱っています。海外FX業者では珍しく個別株の取引も可能で、銘柄も64種類と豊富です。

損失リスクを分散させたり、トレード戦略を広げたりという意味でも、取扱銘柄が多いのはメリットです。easyMarketsの取扱銘柄数は海外FX業者の中でも多い部類に入るため、利益を出すチャンスも広がるでしょう。

約定力が高くスリッページが発生しない

easyMarketsのメリット6つ目は、「約定力が高くスリッページが発生しない」ことです。

約定力とは、注文通りに約定する力のことで、約定率や約定スピードから判断するのが一般的です。約定力が低いとチャンスを逃したり、不利な位置で注文が確定してしまったりする可能性があります。

特にスキャルピングなど短期的な取引では約定力の高さが重要で、約定拒否やスリッページが命取りになる場合があります。easyMarketsでは約定力に定評があり、悪質な約定拒否やスリッページが発生しません。

トレードにおける迅速性や正確性の高さは、easyMarketsを利用するメリットの一つでしょう。

MT5口座のみストップレベルゼロで取引できる

海外FX業者USDJPYEURUSDGBPJPY
easyMarkets
(MT5口座)
0.0pips0.0pips0.0pips
FXGT3.2pips2.8pips5.9pips
BigBoss1.0pips1.0pips1.0pips
XMTrading0.0pips0.0pips0.0pips
Exness0.0pips0.0pips0.0pips

easyMarketsのメリット7つ目は、「MT5口座のみストップレベルゼロで取引できる」ことです。

ストップレベルとは、指値・逆指値注文などをする際に、現在の価格から最低限離さなければいけない値幅のことです。例えば、1ドル=155.00円でストップレベルが5.0pipsだとすると、予約注文で設定できるレートは154.95円、もしくは155.05円からになります。

ストップレベルが広めに設定されていると、小さな値幅を狙うスキャルピングなどで不利になりやすいです。easyMarketsではMT5口座に限りストップレベルがゼロなので、予約注文時の値幅に一切の制限がありません。

特にスキャルピングを行う上では、ストップレベルゼロで取引できる環境は大きなメリットと言えるでしょう。

easyMarketsはストップレベルだけでなく、最大レバレッジなど様々な面でMT5口座が使いやすいスペックとなっています。特別な理由がない限りはMT5口座を利用するのがおすすめです。

スキャルピングやEA(自動売買)に制限なし

easyMarketsのメリット8つ目は、「スキャルピングやEA(自動売買)に制限がない」ことです。

海外FXでは、サーバーに過度な負荷をかけるようなスキャルピングやEA(自動売買)など、業者にとって不利になるような取引が禁止・制限されるのが一般的です。

しかし、easyMarkestではスキャルピングが全面的に認められており、短期的な取引を何度繰り返しても、出金拒否されたり口座凍結されたりする心配はありません。EA(自動売買)の利用に関しても一切の制限がないため、システムトレードをメインで行いたい方にもおすすめです。

同一口座内の両建てのみ認められている

easyMarketsのメリット9つ目は、「同一口座内の両建てのみ認められている」ことです。

両建てとは、同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有する取引手法のことです。スワップポイントのダブル取りやリスクヘッジのために両建てが活用されるケースが多くなっています。

easyMarketsでは、同一口座内の両建てのみ認められています。例えば、同じ口座内でUSDJPYの買いポジションを1ロット・売りポジションを1ロット買う両建て取引は可能です。

逆に複数口座間の両建てや複数業者間の両建ては規約違反となり、利益没収や口座凍結など重いペナルティが課せられてしまうので注意しましょう。

独自のユニークな機能が搭載されている

easyMarketsのメリット10つ目は、「独自のユニークな機能が搭載されている」ことです。

口座開設して試してるけどeasymarketsが面白い

手数料払えば時間内は損失取り消しとか独自の機能が使えそう

レバレッジ低くて避けてたけど、オプション取引なら損失限定してハイレバ出来るしMT4じゃない以外は良さそうかな

スプレッドは広いけど今のところ気にならないかな

引用元:https://twitter.com/suzan935/status/1430535184718258178

イージーマーケット数時間以内なら損失無かったことに出来るって見て気になって登録してみたけど約10pips分手数料払う感じなのかな? あとエントリーの仕組みがよく分からん

ノックアウトオプション的な感じか?

引用元:https://twitter.com/FXtraderDT/status/1619115453049376768

easyMarketsの独自ツールには取引の戦略として利用できる機能が4種類あります。他社にはない機能で、うまく活用すれば効率的に利益を出しやすくなります。

機能名内容・詳細
easyTradeFXとバイナリーオプションを掛け合わせたようなシステム。損失は購入した金額のみで、利益は無限大で獲得できる。
dealCancellaation最初に手数料を払っておけば含み損の状態でも取引自体を取り消すことができる。
フリーズレート注文する際に商品の値動きを3秒間、一時停止できる。手数料がかからず、納得のいく価格での注文が可能。
バニラオプションコールとプットのオプション取引で、損失は限定しつつ利益を無制限に狙える手法。特にボラティリティが大きい商品での取引に有利。

なお、上記のユニーク機能はウェブ/アプリのみ利用可能で、MT4・MT5では利用できないのでご注意ください。

安心のゼロカットシステム採用で追証のリスクがない

easyMarketsのメリット11つ目は、「安心のゼロカットシステム採用で追証のリスクがない」ことです。

ゼロカットシステムとは、急激な価格変動等で口座残高がマイナスになった時に、マイナス残高をeasyMarkets側が補填してくれるシステムです。

国内FXでは金融庁の規制により、トレーダーの損失を補填することが禁止されています。そのため、マイナス残高になると「追証」と呼ばれる借金が発生してしまいます。

その点、easyMarketsをはじめ海外FXにはゼロカットシステムがあるため、たとえ2,000倍のレバレッジを使ったハイレバトレードでも追証のリスクがありません。ゼロカットシステム採用のeasyMarketsなら、入金額以上の損失が発生しないため、損失リスクを限定しながら大きなリターンを狙えます。

デモ口座を利用できる

easyMarketsのメリット12つ目は、「デモ口座を利用できる」ことです。

デモ口座とは、バーチャルマネーを使いFX取引の体験・練習ができる口座です。チャートはリアル相場と連動しており、実際のレートを使ってノーリスクで練習できます。

easyMarketsのデモ口座には有効期限がなく、口座残高のリセットや資金追加も自由に行えます。

FX取引は損をするリスクがあるため、いきなり自己資金を使って取引するのが不安な方も多いはずです。そんな時はデモ口座でトレード手法やEAを試して、成果が出てからリアル口座に移行するのが良いでしょう。

法人口座を開設できる

easyMarketsで法人口座を開設するメリット
  • 個人口座よりも最大税率が低くなる
  • 経費として計上できる範囲が広がる
  • 損益通算・損失繰越ができる

easyMarketsのメリット13つ目は、「法人口座を開設できる」ことです。

easyMarketsでは個人名義の口座のみならず、法人名義でも口座開設が可能です。公式サイトの口座開設フォームでは個人口座しか作成できませんが、個人口座開設後にカスタマーサポートに申請すれば、法人口座も開設できます。

海外FXの法人口座は「最大税率が低くなる」「経費の範囲が広がる」といった税金面でのメリットが多いです。特にeasyMarketsの個人口座で安定した利益を出している方は、法人口座の方が税金面で有利になるかもしれません。

また、法人口座を開設する上での必要書類は「身分証明書」「住所確認書類」「法人に関する書類」の3点です。用意する書類も多くないので、他社の法人口座よりも作りやすくなっています。

なお、easyMarketsでは個人口座・法人口座どちらか1つの保有までとなっています。個人口座と法人口座の2つを保有すると、二重登録の規約違反になってしまうので注意しましょう。

質の高い日本語サポートが完備されている

問い合わせ方法対応時間
ライブチャット平日14:00〜23:00
メールサポート平日14:00〜23:00
電話サポート平日14:00〜23:00

easyMarketsのメリット14つ目は、「質の高い日本語サポートが完備されている」ことです。easyMarketsで利用できる問い合わせ方法は「ライブチャット」「メールサポート」「電話サポート」の3種類で、対応時間は上記の通りです。

BigBossは最近めちゃキャンペーンに力を入れてますよね。MT5でトレードするだけで5千円もらえるみたいな。 忘れて欲しくないのが、イージーマーケッツさんもちょっと後にMT5を導入されています。しかも発表前に電話で教えて下さっていました。とにかくサポートが親切です。

引用元:https://twitter.com/FamilyTree_Co/status/1537359115386642432

海外FX業者の中には公式サイトが日本語で表示されていても、翻訳機を使ったような不自然な日本語で、満足いくサポートが受けられないケースもあります。easyMarketsの日本語サポートは質が高いと評判です。

日本語サポートを受けられる時間帯は短く、日本時間で平日14:00〜23:00までとなっています。対応時間は短いとはいえ、日本語サポートが充実しているeasyMarketsなら、初めて海外FXを利用する方でも安心でしょう。

高額なアフィリエイト報酬が用意されている

easyMarketsのアフィリエイト
出典:easyMarkets
easyMarketsアフィリエイトの特徴
  • 報酬を「CPA報酬」または「IB報酬」の2つから選べる
  • CPA報酬は1人紹介するごとに最大1,000ドルの報酬を受け取れる
  • IB報酬はトレーダーが1回取引するごとにスプレッドの40%を受け取れる
  • 報酬金額に上限なし

easyMarketsのメリット15つ目は、「高額なアフィリエイト報酬が用意されている」ことです。

一般的な海外FXのアフィリエイトでは、紹介したトレーダーの取引量に応じて、継続した報酬が得られるライフコミッションの形態を採用しています。一方、easyMarketsではアフィリエイトの報酬体系を「CPA報酬」または「IB報酬」の2つから選べるようになっています。

それぞれの報酬体系にメリット・デメリットがありますが、報酬体系を自由に選べるのは魅力的です。どちらもやればやるほど大きく稼ぐチャンスがあります。

一度に大きな報酬を受け取りたい方は「CPA報酬」、継続的な収入を得たい方は「IB報酬」という報酬体系を選ぶのがおすすめです。

easyMarketsの安全性・信頼性を10つの特徴から独自評価

easyMarketsの安全性・信頼性を10つの特徴から独自評価

「easyMarketsは海外のFX業者だし危険じゃないの?」「easyMarketsにお金を預けても本当に大丈夫?」など、easyMarketsの安全性・信頼性に疑問を持つ方もいるでしょう。

ここでは、easyMarketsの安全性・信頼性について上記10つの特徴から解説していきます。

easyMarketsの会社概要

項目概要
設立2001年
運営会社EF Worldwide Ltd
所在地Trinity Chambers, Road Town,
Tortola, PO Box 4301,
British Virgin Islands
日本語サポートEメール・ライブチャット・電話
公式サイトhttps://www.easymarkets.com/int/ja/
easyMarketsの会社概要

easyMarketsは2001年に設立した老舗の海外FX業者です。日本人向けにサービスを提供しているのは「EF Worldwide Ltd」という会社で、イギリス領ヴァージン諸島を拠点としています。

日本人スタッフによる質の高い日本語サポートが完備されているため、初めての海外FXでも安心です。

海外FX口コミサイトFPAの評価は2.897点|レビュー数は多い

easyMarketsのFPA評価
出典:FPA

海外FX業者の評判をチェックするときに参考になるサイトとして、FPA(Forex Peace Army)があります。easyMarketsのFPA評価は、5点中2.897点です。

参考までに、日本人に人気で安全性が高いFX業者とされているXMTradingが3.113点、AXIORYが3.34点になっていることを考えると、easyMarketsの評価は決して高くありません。

しかし、レビュー数は166件と多いので、easyMarketsを利用するトレーダーは多いことが推測できます。

FPAの評価の中には「信頼できない会社」「口座凍結・出金拒否される」といった口コミがありますが、これらの口コミには画像等の根拠がありません。根拠がない口コミに関しては、ガセ情報や規約違反が原因の可能性が高いので、過度に心配する必要はないでしょう。

20年以上の運営実績がある

easyMarketsは2001年設立の老舗のFX業者であり、現時点で23年の運営実績を誇ります。

長期的に安定した運営を続けるには、トレーダーからの信頼や資金力が必要です。そのため、海外FX業者の運営歴は安全性や信頼性を判断する1つの基準になります。

トラブルが頻発するような業者は長期的に運営することができず、1〜2年で破綻・倒産してしまうでしょう。easyMarketsは20年以上運営を続けながらも、出金拒否や利益没収の悪評がないことからも、健全な営業を続けていることが伺えます。

easyMarketsでの取引に違法性はなし

結論から言うと、easyMarketsで取引すること自体に違法性はありません。

金融庁の公式HPや金融商品取引法を見ると、海外FX業者を規制する記載はあります。しかし、トレーダーの行動を制限したり、違法として取り締まっているわけではありません。

easyMarketsは2001年から運営している実績あるブローカーで、世界中の多くのトレーダーを抱えています。これまで悪質な出金拒否や利益没収の噂がないことからも、安全性は高いと言えます。

さらに、ゼロカットシステムにより借金のリスクがないため、追証リスクがある国内FX業者よりも安全という見方もできるでしょう。

グループ全体で4つの金融ライセンスを所持

運営会社金融ライセンス
EF Worldwide Ltd
(日本人向け)
セーシェル金融サービス機構(FSA
EF Worldwide Ltd
(日本人向け)
英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会(BVI
Easy Forex Trading Ltdキプロス証券取引委員会(CySEC
Easy Markets Pty Ltdオーストラリア証券取引委員会(ASIC

easyMarketsはグループ全体で4種類の金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスの有無は、海外FX業者の安全性を判断する材料の一つです。金融ライセンスの取得には各ライセンスの取得要件を満たし、定期的な外部監査をクリアする必要があり、一定の安全性・信頼性の担保になります。

日本人向けの法人「EF Worldwide Ltd」はセーシェル・英国量バージン諸島の2つの金融ライセンスを取得しています。また、グループ会社が取得しているキプロスやオーストラリアの金融ライセンスは、取得難易度が高く、権威ある金融ライセンスとして有名です。

このようにeasyMarketsは、グループ全体で4つの金融ライセンスを所持していることから、安全性が高く、信頼できるブローカーと言えるでしょう。

世界的なサッカーチームのスポンサーを務めている

easyMarketsは、世界で最も有名なサッカーチームの一つである「レアル・マドリード」の公式スポンサーを務めています。

世界的なサッカーチームのスポンサーになるには、最低でも年間数億円のスポンサー費用を支払う必要があります。2020年からスポンサーを務めているeasyMarketsは、それだけの余裕資金があるということです。

また、資金面だけでなく企業としての信頼性が高くなければ、スポンサーとしては認められません。世界的なサッカーチームのスポンサーを務めているeasyMarketsは企業としての信頼性も十分高いと言えるでしょう。

過去に出金拒否・利益没収の悪評がない

easyMarketsで出金拒否される主な原因
  • 複数のアカウントを使用している
  • 本人以外の身分証で口座開設をしている
  • 複数口座間・複数業者間で両建て取引を行なった
  • アービトラージ(裁定取引)を行なった

easyMarketsには、これまで出金拒否や利益没収などの悪評がありません。

ネットやSNS上には「出金拒否された」といった口コミが見受けられますが、出金拒否されるのはトレーダー側に原因がある場合がほとんどです。

基本的に規約違反をしなければ、easyMarketsで出金拒否されることはありません。easyMarketsの規約に違反すると出金拒否だけでなく、利益没収や口座凍結などの重いペナルティが課せられる場合があります。

規約違反による出金拒否を防ぐためにも、easyMarketsの利用規約をあらかじめ確認しておきましょう。

DD方式採用で透明性が低い

比較項目DD方式NDD方式
業者の介入介入するほとんど介入しない
約定力低い高い
スプレッド狭いやや広い
業者の利益ユーザーの損失スプレッド・手数料など
採用している業者国内FXに多い海外FXに多い

easyMarketsはDD方式を採用しており、取引の透明性が高いとは言えません。DD方式は国内FX業者に多く、NDD方式は海外FX業者に多い取引方式で、両者の違いは上記のとおりです。

海外FX業者の多くが採用するNDD方式は、トレーダーの注文に業者が介入しないため、悪質な約定拒否やスリッページが起きません。

一方、easyMarketsが採用するDD方式はトレーダーの注文に対して業者が介入するため、NDD方式と比べて取引の透明性は低いです。また、ユーザーの損失が業者の収入源となるため、約定拒否やスリッページが起こりやすくなるのもデメリットです。

easyMarketsは約定力が低く、トレーダーにとって不利な位置で約定されてしまうリスクがあるため、大口取引の際は注意しましょう。

顧客資金は分別管理を採用|信託保全はなし

資金管理方法詳細顧客資産の保証
分別管理顧客の資産とFX業者の運営資金を別の口座で管理する。保証されない
信託保全顧客の資産を信託銀行などに預託して管理する。100%保証される

easyMarketsは顧客から預かった資金を「分別管理」で管理しており、信託保全はありません。

分別管理とは顧客の資産とFX業者の運営資金を別の口座で管理する方法で、信託銀行などに預託する信託保全と比べて、信頼性は低くなっています。しかし、トレーダーの資金を運営に回してはいないため、経営にはある程度の余裕があることが伺えるでしょう。

国内FXでは「信託保全」が義務化されていますが、海外FXでは義務化されていないため、easyMarketsに限らず、ほとんどの海外FX業者が分別管理を採用しています。安全性が高いとされているXMTradingやExnessも信託保全ではなく分別管理です。

しかし、万が一easyMarketsが倒産・破綻した場合には、口座に預けた資金が返ってこない可能性があることも頭に入れておかなければいけません。不安な方は、easyMarketsの口座に大きな金額を入れておかずに、こまめに出金すると良いでしょう。

日本の金融庁から警告を受けているが問題なし

日本の金融庁から警告を受けている
出典:金融庁

easyMarketsの運営元である「EF Worldwide Ltd」は、日本の金融庁に未登録で運営しているため、「無登録で金融商品取引業を行う者」として警告を受けています。

easyMarketsの安全性・信頼性に不安を持つ方も多いかもしれませんが、easyMarketsが日本の金融庁に警告を受けていることは問題ありません。なぜなら、easyMarketsが日本の金融庁に登録すると、「最大2,000倍のレバレッジ」や「ゼロカットシステム」など、海外FXならではの強みがなくなってしまうからです。

また、easyMarketsに限らず、XMTradingやFXGTなど他の海外FX業者も日本の金融庁に未登録で、同じように警告を受けています。ですが、日本の金融庁に未登録の海外FX業者で取引することに違法性はなく、罪に問われる心配もありません。

easyMarketsはグループ全体で4種類の金融ライセンスを取得している上に、ゼロカットシステムを採用してることからも、追証(借金)のリスクがある国内FX業者よりも安全性が高いという見方もできるでしょう。

easyMarketsの始め方・やり方

easyMarketsの始め方・やり方

ここでは、easyMarketsの口座開設から取引ツールのダウンロード、入出金方法まで網羅的に解説していきます。

easyMarketsの口座開設・登録手順|必要書類も紹介

easyMarketsの口座開設・登録手順

STEP
口座開設フォームで必要事項を入力する
口座開設フォーム
①名前名前を漢字で入力
②名字名字を漢字で入力
③メールアドレス有効なメールアドレスを入力
④パスワードパスワードを入力
⑤電話番号電話番号を入力

まずは、easyMarketsの口座開設フォームを開き、必要事項を入力していきます。上記5つの情報を入力したら、「サインアップ」をクリックしましょう。

STEP
居住国を選択する
居住国の選択

「サインアップ」をクリックすると、上の写真のように居住国を選択する画面が表示されます。

日本在住の方であれば「日本」がすでに選択されているので、そのまま「継続」をクリックしましょう。

STEP
口座開設完了メールを確認する
口座開設完了メール

ここまで来ると、登録したメールアドレスに上の写真のようなメールが届きます。以上で、easyMarketsの口座開設は完了です。

STEP
マイページにログインしてプロフィールを入力する
プロフィール詳細
①住所住所を漢字で入力
②郵便番号郵便番号を入力
③都道府県都道府県を入力
④生年月日生年月日を選択
⑤国籍国籍を選択
⑥アカウントの通貨アカウントの通貨を選択
⑦政治的に重要な公的地位公的地位を有するなら「はい」・有さないなら「いいえ」を選択。
⑧税法上の居住国税法上の居住国を選択
⑨あなたは他の国の納税者ですか?「はい」もしくは「いいえ」を選択
あなたはアメリカ合衆国市民もしくは税目的のアメリカ合衆国居住者ですか?「はい」もしくは「いいえ」を選択

続いて、マイページにログインして「プロフィール」を入力しましょう。

STEP
本人確認書類をアップロードする
本人確認書類の提出

最後に「本人確認書類」をアップロードします。easyMarketsの本人確認では、「身分証明書」と「住所証明書」の2点が必要です。

身分証明書
有効な身分証明書
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
住所証明書
有効な住所証明書
  • 各種健康保険証
  • 公共料金の請求書・領収書
  • 銀行およびクレジットカード会社の利用明細書や請求書
  • 住民票や印鑑登録証明書
  • 納税関係書類

画面の指示に従い、上記2点をアップロードすれば本人確認が完了です。

easyMarketsのMT4・MT5ダウンロード・ログイン方法

easyMarketsのMT4・MT5ダウンロード・ログイン方法

STEP
MT4・MT5のインストーラーをダウンロードする
MT4・MT5ダウンロード

まずは、easyMarketsのプラットフォームダウンロード画面から、利用したいOSのMT4・MT5をダウンロードします。(※ここでは、例としてWindows版のMT4をダウンロードします。)

STEP
MT4・MT5のインストーラーを起動する
MT4・MT5のインストーラー起動

MT4・MT5のダウンロードが完了したら、インストーラーを起動します。セットアップ画面が表示されたら「次へ」をクリックし、インストール完了まで待ちましょう。

STEP
MT4・MT5が自動で起動する
MT4・MT5が自動起動

MT4・MT5のインストールが完了したら、自動的に起動されます。

STEP
MT4・MT5にログインする
MT4・MT5ログイン
入力する項目内容・詳細
ログインIDログインIDを入力
パスワードパスワードを入力
サーバー取引サーバーを選択

MT4・MT5へのログインに必要な上記3つの情報を入力・選択して「ログイン」をクリックしましょう。

easyMarketsの入金方法・手数料・反映時間一覧

入金方法最低入金額手数料反映時間
国内銀行送金25ドル無料1営業日
クレジットカード25ドル無料即時反映
bitwallet25ドル無料1営業日
STICPAY25ドル無料1営業日
WebMoney25ドル無料1営業日
PerfectMoney25ドル無料1営業日
仮想通貨25ドル無料3時間以内

easyMarketsは7種類の入金方法に対応しており、それぞれの最低入金額・手数料・反映時間をまとめたのが上の表です。

基本的にすべての入金方法において手数料が無料ですが、銀行送金・オンラインウォレット・仮想通貨を使って入金する場合は、別途手数料が発生することがあります。そのため、完全に手数料無料で入金したい場合は、クレジットカード入金がおすすめです。

最低入金額は口座タイプによって異なり、スタンダード口座に関しては25ドルから入金可能です。プレミアム口座は2,000ドル、VIP口座は10,000ドルの入金が必要になるのでご注意ください。

少額から始めたい方は、スタンダード口座の利用がおすすめです。

easyMarketsの出金方法・手数料・着金時間一覧

出金方法最低出金額手数料着金時間
国内銀行送金50ドル無料3〜10営業日
クレジットカードなし無料1週間〜2ヶ月
bitwalletなし無料1営業日
STICPAYなし無料1営業日
WebMoneyなし無料1営業日
PerfectMoneyなし無料1営業日
仮想通貨なし無料1営業日
easyMarketsの出金ルール
  • 入金方法と出金方法は同じでなければいけない
  • 銀行送金以外の入金方法で出金できるのは入金額まで
  • 入金額以上(利益)の出金は銀行送金を利用する必要がある

easyMarketsは入金方法と同じ7種類の出金方法に対応しており、それぞれの最低出金額・手数料・着金時間をまとめたのが上の表です。

easyMarketsでは基本的に入金額までは同じ方法で出金する必要があります。例えば、bitlwalletで10万円入金したら、出金する時も10万円まではbitwalletを利用しなければいけません。

そして、利益分については銀行送金で出金する必要があるので、頭に入れておきましょう。

easyMarketsに関するよくある質問

easyMarketsに関するよくある質問

easyMarketsとはどこの国のFX業者ですか?

日本人向けにサービスを提供しているのは、「EF Worldwide Ltd」という会社で、イギリス領ヴァージン諸島を拠点としています。

easyMarketsは詐欺って噂は本当ですか?

ネットやSNS上では「easyMarketsは詐欺業者」という評判・口コミが一部見受けられますが、詐欺業者ではありません。easyMarketsは2001年設立の老舗業者で、世界で最も有名なサッカーチームの1つでもある「レアル・マドリード」の公式スポンサーを務めています。

これまで悪質な出金拒否や利益没収の噂がないことからも、安全性が高い業者と言えるでしょう。

easyMarketsに口座開設(入金不要)ボーナスはありますか?

easyMarketsには口座開設(入金不要)ボーナスはありません。そのため、easyMarketsで取引を始めるには自己資金の入金が必要です。

easyMarketsのボーナス情報については、記事内の「4種類の豪華なボーナスキャンペーンがある」で解説しているので参考にしてください。

easyMarketに入金ボーナスはありますか?

ボーナスキャンペーン内容・詳細
初回入金ボーナス初回入金額の50%・40%のボーナス
ビットコイン建て口座対象入金ボーナスビットコイン建ての口座に入金に30〜50%のボーナス
再入金ボーナス2回目以降の入金に20%のボーナス

easyMarketsには3種類の入金ボーナスがあります。これらのボーナスをうまく活用すれば、より多くの資金から取引を始められます。

詳しくは記事内の「4種類の豪華なボーナスキャンペーンがある」で解説しているので参考にしてください。

easyMarketsにキャッシュバック制度はありますか?

easyMarketsでは累計$5,000以上を入金した方限定で参加できるキャッシュバック制度があります。キャッシュバックに参加すると、1ロットの取引につき$1.25が受け取れます。

キャッシュバックを受け取ると実質的な取引コスト削減につながるので、大きなメリットになるでしょう。

easyMarketsのボーナスにクッション機能はありますか?

easyMarketsのボーナスにはクッション機能があります。クッション機能とは、ボーナスが証拠金の役割を果たすことで、出金できないこと以外はトレード資金と同様に扱われます。

easyMarketsの最低入金額はいくらですか?

最低入金額は口座タイプによって異なり、スタンダード口座に関しては25ドルから入金可能です。プレミアム口座は2,000ドル、VIP口座は10,000ドルの入金が必要になるのでご注意ください。

詳しくは、記事内の「easyMarketsの入金方法・手数料・反映時間一覧」で解説しているので参考にしてください。

easyMarketsで入金が反映される時間は?

入金方法反映時間
国内銀行送金1営業日
クレジットカード即時反映
オンラインウォレット1営業日
仮想通貨3時間以内

easyMarketsで入金が反映される時間は入金方法によって異なります。すぐに取引を始めたい場合は、クレジットカード入金がおすすめです。

詳しくは、記事内の「easyMarketsの入金方法・手数料・反映時間一覧」で解説しているので参考にしてください。

easyMarketsで口座維持管理手数料はかかりますか?

easyMarketsでは口座維持管理手数料はかかりません。

他社では口座を一定期間放置すると休眠状態となり、毎月手数料が徴収されるケースが多いです。しかし、easyMarketsでは休眠状態にもならないため、放置することによるデメリットもありません。

easyMarketsの最大取引数量・最大ロット数は?

easyMarketsの最大取引数量・最大ロット数は、MT4/MT5が50ロット、TradingViewが10ロットです。10ロット以上の大口取引をしたい方は、MT4もしくはMT5をご利用ください。

easyMarketsのマージンコール・ロスカット水準は?

easyMarketsでは、証拠金維持率が70%を下回るとマージンコール、30%を下回るとロスカットが発動します。なお、証拠金維持率は「有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100」で算出できます。

easyMarketsの禁止事項は?

easyMarketsの禁止事項
  • 口座名義人以外の利用
  • 複数業者間の両建て
  • アービトラージ(裁定取引)

easyMarketsで禁止されている行為は上記のとおりです。規約違反をすると、利益没収や口座凍結等のペナルティが課せられるのでご注意ください。

easyMarketsは日本の金融庁から警告を受けていますが大丈夫ですか?

easyMarketsは日本の金融庁から警告を受けていますが、全く問題ありません。

なぜなら、日本の金融庁に登録すると「最大2,000倍のレバレッジ」や「ゼロカットシステム」といった、海外FXならではの強みを活かせなくなるからです。easyMarketsだけでなく、他の海外FX業者も基本的に警告を受けています。

日本人がeasyMarketsを使って取引することに違法性はないので、安心して利用できます。

詳しくは記事内の「日本の金融庁から警告を受けているが問題なし」で解説しているので参考にしてください。

easyMarketsに追証のリスクはありますか?

easyMarketsはゼロカットシステムを採用しているため、追証のリスクはありません。そのため、2,000倍のレバレッジを使ったハイレバトレードでも自己資金以内の損失に抑えられます。

easyMarketsは学生でも利用できますか?

easyMarketsは18歳を超えていれば学生でも利用できます。

easyMarketsは複数口座を開設できますか?

easyMarketsでは複数口座の開設ができません。開設できるのは1アカウントにつき1口座のみです。

easyMarketsに日本語サポートはありますか?

問い合わせ方法対応時間
ライブチャット平日14:00〜23:00
メールサポート平日14:00〜23:00
電話サポート平日14:00〜23:00

easyMarketsは海外のFX業者ですが、日本語サポートも完備されています。対応時間は平日の14:00〜23:00までです。

質の高さにも定評があるので、初めて海外FXを利用する方でも安心です。

easyMarketsで利益が出たら税金はかかりますか?

easyMarketsで利益が出たら、確定申告をして税金を納めなければいけません。

会社員などの給与所得者は利益が年間20万円、個人事業主や専業トレーダーなどの非給与所得者は利益が年間48万円を超えると確定申告が必要です。

確定申告が必要なのに「申告をしない」「申告が遅れる」と追徴課税が課せられるため、必ず期限内に確定申告を済ませて税金を納めましょう。

easyMarketsの評判・口コミ・安全性まとめ

easyMarketsの評判・口コミ・安全性まとめ

本記事では、easyMarketsの評判と口コミから分かるメリット・デメリットを網羅的に紹介してきました。

easyMarketsは最大2,000倍のレバレッジや高い約定力、豪華なボーナスキャンペーンが特徴の海外FX業者で、世界中のトレーダーから愛用されています。

また、easyMarketsを利用することに違法性はなく、グループ全体で4種類の金融ライセンス所持やレアル・マドリードの公式スポンサーを務めていることからも、安全性が高い業者だということが分かります。これまで悪質な出金拒否や利益没収の噂もありません。

easyMarketsには口座開設ボーナスがなく、取引を始めるには自己資金が必要ですが、入金ボーナスによってお得に始められます。少ない資金から2,000倍のレバレッジを使って大きなリターンを狙いたい方は、ぜひeasyMarketsでの取引を体験してみてください。

安全に取引できる海外FX会社を独自評価し、おすすめの海外FX業者ランキングを作成しました。easyMarkets以外の海外FX口座の開設を検討している方は、下記のランキングを参考にしてください。
海外FX業者おすすめランキング!初心者からプロまで使える人気の口座を比較【2024年最新版】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海外FX株式会社のアバター 海外FX株式会社 海外FX株式会社

海外FX株式会社の公式サイトです。

コメント

コメントする

目次